• ホーム
  • >天先(そらさき)案内人とは

天先(そらさき)案内人とは

私が作るのは、棺に入れることもできる小さなお地蔵様。また、慈母像のこまりちゃんは宗教に関係なく持つことができるものです。それから素材は大井川ひのき。木の生命を無駄にすることなく使い切りたいとの思いで続けています(詳細は こだわり へ)。
小毬ちゃんと桜

それはただ置いて鑑賞するだけにとどまらず、心が揺れたら手に取りなでて心を落ち着かせ、愛する者が亡くなった時には棺へ共に入れてやり「このコ(この人)をよろしく」と送り出せる存在としてです。目指すは「使える」お地蔵さん。
小地蔵さん手の上

別れは時として辛く耐え難いことがあります。またそこに至るまでの時間が心を削り取っていくこともあります。そんな日々の中で、少しでも慰めになるものがあれば頑張れるかもしれません。天国までお供してくれる存在があると思えば少しだけ気持ちが楽になるかもしれません。

だから正確に言えば、愛する者のためというよりは遺される者のため、死後のためというよりは生きるために作られたお地蔵様なのです。
雲に乗る小地蔵さん

水先案内人は船が港まで無事に着けるよう道案内してくれます。亡くなった者の魂を天国まで導いてくれる心の灯としてお地蔵さんを提供したいという想いの下、この活動を天先案内人(そらさきあんないにん)と名付けました。看取り期の心の支えに、日常生活のお守りや話し相手に、旅や通院のお供に、寄り添えるものでありたいと願っています。

命と向き合うことは己の人生と真摯に対峙することでもあります。そのお手伝いができれば幸いです。天先案内人HPはこちら

カートの中身

カートに商品は入っていません

FaceBook

カレンダー